淡路島で日本みつばちから広がる可能性を見つけながら

草地家

「 月別アーカイブ:2016年03月 」 一覧

蜂蜜

ブランド化と適正価格について悩む

ブランド化をして、適正価格で売る。 それはよく言われていることで、ブランド化し、百貨店などで、しっかりとパッケージングして販売すれば、例えば、玉ねぎ1玉でも300円とか500円で売ることができる。 な ...

no image

君ら、3年後どうすんの?

今日は地域の総会へ。 地域おこし協力隊になってみて、地域の人から聞かれるこの一言。 「君ら、3年後どうすんの?」 この言葉。 僕も岡山にいたころ、協力隊の諸先輩方の動向が気になってましたが、自分もその ...

場所づくり

新しく巣箱を設置するための場所づくり

2016/03/17   -日本みつばち

日本みつばちは4月から分蜂が始まります。 そのため、それに向けて、我々としても受け入れるための準備が必要です。 そこで、今日は新しく巣箱を設置する場所の整備を進めました。

巣箱(消滅)

冬を超えることができなかった蜂の群れ

2016/03/17   -日本みつばち

父親と山に。 巣箱の掃除と冬を超えられたかどうかの確認。 いくつかの巣が冬を超えることができなかったようで。 なかで、巣が黒々としております。 その原因は ①寒い ②採蜜のやりすぎ ③スムシによる影響 ...

ファシリテーション

マーキーさんと会議の進め方について学ぶ

本日、NPO法人ソーシャルデザインセンター淡路が主催でマーキーさんの「青木将幸さんのNPO等の運営における会議の方法を学ぶワークショップ」に参加してきました。   ファシリテーションとは?会 ...

大地の再生

大地の再生講座(印象に残ったこと)

私自身が一番印象に残ったこと。 それは、参加者全員の自己紹介と想いの発表の中、地元の方が言ったことが印象的でした。 (少し言葉が違うかもしれませんが) ------------------------ ...

吉備国シンポジウム

農と食による地域づくりセミナー

農と食による地域づくりセミナーというものを聞いてきた。 そのなかで、インパクトが強かったことをいくつか。 まず、吉備国際大学地域創生農学部の先生のお話の中で、 ①有機農法で作った野菜は安全か? 「No ...

兵庫県内地域おこし協力隊

兵庫県地域おこし協力隊の集まり

このたび、兵庫県の地域おこし協力隊勝手にサミットという集まりに参加した。 それは、宍粟市や加西市の地域おこし協力隊が主体となって開催したものである。 場所は宍粟市内の廃校になった学校を改装したフリース ...

猫

「農かふぇ~自然農法の可能性を考える~」に参加

「農かふぇ~自然農法の可能性を考える」に参加してきた。 まず、京都大学の吉野先生が社会や時代の変化、自然農の考え、マーケティングなどお話を。 そして、淡路島で自然農に取り組んでいる花岡さんのお話。 そ ...

猫

約1カ月やってみて。まだ1カ月だけども。

地域おこし協力隊を約1か月間やってみた感想を述べます。 着任後、2日目くらいからほぼ放置で、約1か月間、配属された部署の担当者との会話はほぼなし。 役所内でこれから何をしていくのかということの共有など ...

Copyright© 草地家 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.