淡路島で日本みつばちから広がる可能性を見つけながら

草地家

「 月別アーカイブ:2017年05月 」 一覧

草地家のみつばち

甘いもの好きのみつばち〜みつばちの味覚〜

2017/05/31   -Column -コラム-

甘い花の蜜を蓄えて、あま〜い蜂蜜を作るみつばちたち。 蜂蜜は、花粉と並んで栄養豊富で、日々のエネルギー源や冬の蓄えとしてみつばちたちにとって大切な食料。 「ちょっと分けてね。」なんて、彼女らの巣から少 ...

玉ねぎ七宝

淡路島のたまねぎ②早生といえば

気が付けば、5月も終わり。 淡路島では、今がたまねぎシーズン真っただ中。 玉ねぎ畑では、たくさんの人や収穫する機械、車などなど、みんな総出で収穫作業です。 収穫されている玉ねぎも早生(わせ)玉ねぎや中 ...

はちみつ統計データ

日本のはちみつの流通量~統計データから学ぶ~

今週は日本でのはちみつ流通量について、国が出している統計データから見ていきたいと思います。 養蜂業の分類 その前に、養蜂業は、日本標準産業分類の中では、 大分類:A農業,林業 中分類:01農業 小分類 ...

春の蜜源

2017/05/17   -Column -コラム-

季節ごとに味も香りも異なる日本みつばちの蜂蜜。 巣から半径1〜2㎞を飛び回り、 その季節に咲いている野山の花から蜜を集めてくるからこその味わいと見た目が、心にも美味しい。 特に春の蜜は、集められてきた ...

蜂球のなか。

実は、昨日の午前中も分蜂群を目の当たりにしまして。 蜂の数と勢いに圧倒されました。 そんなこんなで、今回も分蜂について書いていきます。 前回のブログでは、分蜂した群れが、巣箱に入っていく状態であったの ...

分蜂群がそのまま巣箱に!

分蜂シーズンも終盤になってきました。 毎日、いろんな山を行ったり来たりというのもひと段落。 そんななか、先日、 分蜂群が巣箱に入っていく瞬間に立ち会うことができました。 最初、山に見回りに行ったとき、 ...

はちみつとボツリヌス菌(後編)

自然界最強を誇るボツリヌス菌、今回はその後編をお届けします。 地上最強の菌、ボツリヌス 乳児以外は大丈夫?乳児はなぜ罹る? はちみつを1歳未満の乳児が食べないように、いろいろな所に注意書きがあります。 ...

Copyright© 草地家 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.