淡路島で日本みつばちから広がる可能性を見つけながら

草地家

日本みつばち

はちみつ漬けの記録 レモンとゆず(2日経過)

投稿日:2016年12月9日 更新日:

試作のはちみつ漬け

先日、漬け込んだ果物たち。
日々の変化を見ながら、色や味わいの変化をブログに残していくことに。

 

レモン

実家の畑にあるレモンの木から採取したレモン。完全無農薬・無肥料。

レモンの木

 

レモンのはちみつ漬け
レモンのはちみつ漬け

1日経過

レモンのはちみつ漬け

2日経過

味わい:レモンの香りと苦みが最初にくるかんじで、はちみつの感じはほとんど消えている。

保存:冷蔵保管(ネットで調べたところ、冷蔵庫保存が良いということだったので。)

見た目:はちみつの色合いが薄くなった印象。写真では、若干色が薄くなったかなとは思えるが、はちみつだけのものと見比べてみてもあまり色の違いはわからない。

粘性:さらさらっとした液体に変化している。まだ底には、わずかにドロッとした蜂蜜が残っている。

 

レモンの皮のはちみつ漬け

レモンの皮のはちみつ漬け1日経過

レモンの皮のはちみつ漬け2日経過

味わい:レモンと比べて、香りがしっかりとしている印象。はちみつの甘みや香りもしっかりと残っている。

保存状況:冷蔵保管

見た目:はちみつの色合いが薄くなった印象。レモンと同様、写真と実際に見るのでは、あまり変化はわからない。

粘性:上部はさらっとした液体で、下の方はドロッとしている。ただ、ドロッとした量が多いのは、おそらく、果肉の部分がないため、水分が少ないからかなと思っている。

その他:ちょっと写真がぼやけてしまったのは、冷蔵庫から出した結露のようなものがついてしまった。

 

ゆずのはちみつ漬け

近くの産直で購入してきたゆず。農薬使用の有無は記載していないが、このあたりの地域の状況を考えると、おそらく無農薬。


ゆずのはちみつ漬け
ゆずのはちみつ漬け1日経過

ゆずのはちみつ漬け2日経過

味わい:ゆずのみずみずしさと香りがあり、さわやかな感じ。はちみつよりも、ゆずが強い感じはあるが、はちみつの味わいしっかりとある。レモンくらべて、苦みがない。

保存状況:冷蔵保管

見た目:レモンと同様ではちみつの色合いが薄くなった印象

粘性:さらさらっとした液体に変化している。まだ底には、わずかにドロッとした蜂蜜が残っている。レモンよりもさらさらな印象。ゆずの方が実に水分量が多いのかもしれない。

ゆずの皮のはちみつ漬け
レモンの皮のはちみつ漬け

1日経過

レモンの皮のはちみつ漬け

2日経過

味わい:はちみつの感じがしっかりとしており、ゆずの味わいがあまりないような。もうちょっとしっかりと使ってみたらどうなるかなというところ。

保存状況:冷蔵保管

見た目:レモンと同様ではちみつの色合いが薄くなった印象

粘性:上部はさらっとした液体で、下の方はドロッとしている。ただ、ドロッとした量が多いのは、おそらく、果肉の部分がないため、水分が少ないからかなと思っている。

 

生の柑橘系は

何より、期待を裏切らない味わい。そのままお湯割りにしたり、紅茶に入れたりと楽しむことができる。

果肉に水分が多く含まれていることもあり、果肉入りの方がはちみつと混ざって、さらっとした液体になっている。そのため、はちみつの色もうっすらと変化したのではないかと思う。味わいも、はちみつの感じというよりも、レモンやゆずの味・香りが強くなっている。
皮だけのものは、水分量が少ないためか、どろっとしたはちみつの感じが強い。

個人的にはレモンは皮だけ、ゆずは果肉入りが好み。

 

さ、次は、キウイフルーツ、ドライイチジク、ニンニク、トウガラシ。

-日本みつばち
-, ,

Copyright© 草地家 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.