淡路島で日本みつばちから広がる可能性を見つけながら

草地家

日々のこと・暮らし

このお花は?

投稿日:

暖かい日も増えてきたこの頃、
淡路島の南の方では道端や畑の中など、
あちこちに黄色いお花が咲いています。

春になるとよく見かけるかわいいお花

一見すると菜の花。
あっちにも、こっちにも菜の花だらけ…!
なのですが、よーく見ると、何かちがう。

わかりますか?

もりもり咲いてます

周りの葉っぱでわかるかな。
この写真に写っているのは、白菜のお花。
白菜ってこんな風にお花が咲くものなんですねー。
暖かくなってくるとどんどんお花が咲いちゃうらしく、
淡路島ではもう葉物野菜はおしまいの季節なんだそう。

白菜畑です。

白菜の他にも、キャベツやブロッコリーなんかも
菜の花そっくりの黄色い可愛いお花を咲かせるのです。

2月下旬から咲き始めて、川の浅いところなんかでも
菜の花に似た花を咲かす何かの種が流れ着いて
かわいい花が群生しているのが見えたりします。
暖かい日にはミツバチが蜜を集めにせっせと飛んできていて
黄色くてかわいい花ともふもふのミツバチという
なんともかわいい組み合わせが見れたりします。

今日は雨模様でちょっと寒い淡路島ですが、
この雨が上がればまたぐっと春らしさを増してきますね。
植物たちはこの頃の雨で青々としていて、ずいぶん嬉しそう。
ミツバチたちが賑やかな季節まで、もう本当にあと少しですね。

-日々のこと・暮らし

Copyright© 草地家 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.