淡路島で日本みつばちから広がる可能性を見つけながら

草地家

日々のこと・暮らし

のびのび日和で焚き火で焼き芋

投稿日:

先日、無事に消防署への届け出が完了し、いよいよ本番。
(届出の詳細はこちら

ということで、のびのび日和さんをお借りしまして。

まずは、ある程度の炭や灰を作るために焼きます。

たくさん焼きます。

あっとその前に、消防署へ

「届出第180号、今から始めます」とお電話を。

のびのび日和で焚き火 

そして、どんどん燃やしていきます。

 

ある程度燃え始めたら芋の準備。

焚き火で焼き芋

新聞紙を水で濡らして、芋に巻きます。

その上から、アルミホイルで巻きます。

 

そして、投入

 

あっ芋が灰の中に埋まらない…。

炭や灰が足りない…。

 

ということで、みんなで落ち葉や廃材を集めを。

落ち葉集め

 落ち葉集め

どんどん入れて、増やしていきます。

ある程度埋まったので、OKかなと。

 

そして待つこと約30分

焼き芋

無事に完成。

 

そして、すぐさま2回目投入。

先ほどと同じように芋を準備して、火の中へ。
灰が足りないと思って、木材もたくさん。

芋焼けました

焚き火

なかなかの火です。この火力ちょっと危険な気が…。

 

はい、燃えすぎました。炭になりまして…。

焦げた芋

本当は、燃えた後の灰の中に芋を入れて、じっくりと加熱するみたいです。

 

そして、3回目は何とか成功。

 

反省は、灰が足りなかったとこですね。
たくさん燃やさないといけないみたいです。

 

最後に、消火して消防署にお電話で

「第180号、焚き火終わりました」と。

 

美味しいお芋と楽しい時間でした。

-日々のこと・暮らし
-,

Copyright© 草地家 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.