淡路島で日本みつばちから広がる可能性を見つけながら

草地家

古民家改修中

左官仕事はプロの技(居住部和室)

投稿日:2018年2月27日 更新日:

私たちの寝室になる和室。

触ったらぽろぽろと砂が落ちてくるタイプの砂壁。
そこで、プロに相談。そう、親せきのおっちゃん。

新しい砂壁を上塗り。本当は今の壁をはがした方が良いらしいのですが、今回は無理をお願いしたということもあり、一番手間のかからない方法で。

砂と藁と水を混ぜて、材料を練っていきます。

練り終わったら、塗り始める。

左官仕事

古民家改修左官仕事

古民家改修左官仕事

はじめてすぐに、「ちょっと固いな」と。書いてある通りの分量で混ぜても、塗る壁の材質や季節によって調合が変わってくるみたいで、水を入れて固さを調整するそうです。

「左官は奥が深いんやぞ。」「前の職人の仕事が悪い」とか言いながら、簡単そうに塗っていくのですが、きっとそこにはものすごい技術が。その手の動きはずっと見ていても飽きない。養生とかいらないんですね。

古民家改修左官仕事

 

では、素敵な職人仕事を少しだけ

 

和室の壁

Before 緑色の壁

和室の壁 after

After 明るい色合いに

和室の壁 before ひび割れあり

Before ひび割れて隙間があるところ

和室の壁 after

きっちりと埋められました。

 

 

そして、終わった後も道具はきれいに洗って、片付けられていて。やっぱりプロは道具を大事に扱うんです。さすがでした。

左官道具

古民家改修は自分たちでも塗りたいなと考え中。

-古民家改修中
-,

Copyright© 草地家 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.