淡路島で日本みつばちから広がる可能性を見つけながら

草地家

考えること・思うこと

今、自分にできること。

投稿日:2016年10月8日 更新日:

熊本、岩手、北海道など、今年も日本中で災害が続く。

日本列島では、毎年、常にどこかで災害が起き、そこには常に全国から支援に向かう人たちがいる。東日本大震災で一緒に活動していたチームやそこに係わっていた人、またその時にできた復興支援チームは全国各地で災害支援を続けている。

そんななか、幡ヶ谷再生大学という組織で活動を続けている石巻で活動していたときの仲間から連絡をいただいた。その方は、宮城県石巻市、岩手県いわき市など様々な地域で、その地に根付いた活動を続けています。今回は、被災した熊本の地域で子供たちと一緒にお菓子教室をするということで、蜂蜜を購入したいということでした。

何も活動できていない自分。そんなかで、連絡をいただいて。
少しでも役に立ちたいという思い、今もずっと活動し続ける皆さんへの敬意。いろいろな思いがあり、提供させていただきました。

 

そのことについて、幡ヶ谷再生大学のTwitterでもご紹介いただきました。

 

また、お菓子教室の先生をしてくださっている関川さんのブログにも。

http://moonisup.exblog.jp/23229195/

 

本当にうれしい限りです。
今、僕は何かあったときに現場で活動できていない、後方支援もできていない、というもどかしさや自分への恥ずかしさやもどかしさが常にある。

私の人生を変えた東日本大震災、そして、そこの活動拠点であるOPENJAPANで共に活動させていただいた皆さん。自分自身、これから生きていくにあたり、どのように自分が生きていくのかということをいつも考える。

あの、日本の最前列で常に動き続けている人たちと共に活動していたなかで、自分ができること、やっていくこと、自分の生き方。そういうことを常に考え続ける。そんな気がしています。

皆さんがあってこそ、今の自分があると、本当にいつも尊敬するばかりです。
自分にできることを少しずつ広げていきたいと思っております。

-考えること・思うこと
-,

Copyright© 草地家 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.