淡路島で日本みつばちから広がる可能性を見つけながら

草地家

考えること・思うこと

「農かふぇ~自然農法の可能性を考える~」に参加

投稿日:2016年3月4日 更新日:

「農かふぇ~自然農法の可能性を考える」に参加してきた。

まず、京都大学の吉野先生が社会や時代の変化、自然農の考え、マーケティングなどお話を。
そして、淡路島で自然農に取り組んでいる花岡さんのお話。
そのあとは、同じテーブルの皆さんと自己紹介をしながらみなさんのお話を聞くというかたちで。

私自身、南あわじ市市の農家の次男として生まれ育ってきたこともあり、このような勉強会や参加者の皆さんとの交流は、私の知っている淡路島ではない、新しい淡路島であり、素敵な感覚を味わうことができ、新鮮に学ぶことができ、とてもありがたい機会でした。

淡路島内の自然農・有機農などをしている人たちがほとんど集まったのではないかと思うくらいたくさんの人たちが集っていたのでは。

以前、市役所内の新規就農担当者に話を聞いたときに、新規就農したい人が「有機農業、自然農業」って言ったら、南あわじ市ではできないので、支援しないし、ほかでやってくれと断ると言っていました。
なんか、それって間口が狭いなって思ってしまいました。

今、高齢化・後継者不足、農協依存などの課題を解決するきっかけとして、まずは身をもって経験して学ぶということで、地域の営農組合で農業研修というかたちで三原平野の主な農業を学ばせていただいています。このような農業も必要であるとはお思っていますが、それだけではなく、自然農業や有機農業など新しい視点での農業も必要であり、うまくベストミックスできれば、今後の地域存続や移住者受け入れの柔軟性などにもつながてくると考えています。

市内での許容できる懐の広さが必要であり、役所に片足を突っ込んだ立場として、何かできたらいいなと思っています。

-考えること・思うこと
-,

Copyright© 草地家 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.