淡路島で日本みつばちから広がる可能性を見つけながら

草地家

考えること・思うこと

ブランド化と適正価格について悩む

投稿日:2016年3月23日 更新日:

ブランド化をして、適正価格で売る。
それはよく言われていることで、ブランド化し、百貨店などで、しっかりとパッケージングして販売すれば、例えば、玉ねぎ1玉でも300円とか500円で売ることができる。
なぜ、ブランド化したのに安く売るのって。適正な価格で売らないとって。
では、適正な価格って。何だろう。
そりゃ、都市部に行けば、ある程度の価格で売ることが可能であると思う。
ただ、それがいいのかということは別として

今の社会、都市で稼いで、田舎で消費する。
その流れができつつある。
その、「都市で稼いで」というところにまだ違和感がある。
人口も多く、マーケットとしても巨大、そこに依存しているかんじが、結局はすべて都市依存なので。
なんかまだすっきりとしない。
でも、それをすっきりとしなくても、販売していかないと飯が食えないんだろうなって。

自分自身のなかで、まだブランド化→高値で販売
という流れがピンと来ないのです。

-考えること・思うこと

Copyright© 草地家 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.