淡路島で日本みつばちから広がる可能性を見つけながら

草地家

原さんのいちじく

いちじくの原さんとの出会い

投稿日:2016年12月19日 更新日:

南あわじ市の漁師町福良のとある喫茶店。

コーヒーを飲みながら、打ち合わせをしていたら。

デーブルを一つまたいで離れたおばあちゃんたちから声をかけられて、いろんなお話がはじまる。

間に別のお客さんがいたので、こんかかんじのイメージです。

おばあちゃんとお話

 

協力隊て?というお話をしたり、福良のことやこの町の歴史ことを聞いたり。

その中で、

「津井でひとりでいちじくをやっている原さんっていう人がいるから、行ってみたらどう?」

というお話も。

 

ということで、原さんに会いに

役所の津井出身の人に聞いて、市民交流センターのセンター長さんを紹介していただき、そこから原さんをご紹介していただく。そこで、ようやくお会いできたのが、原さんといちじく畑。

原さんのいちじく

畑を見せてもらったり、お話を聞かせてもらったり。
畑では来年の収穫に向けて、枝の剪定などの作業が残っているそうです。

 

原さんのいちじく  

いちじくの実が残っているものも。

 

原さんのいちじく

3年でこんなに大きくなるそうです。

 

私たちも少しではありますが、これからお手伝いなど関わらせていただくことになりそうです。

-原さんのいちじく
-,

Copyright© 草地家 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.