淡路島で日本みつばちから広がる可能性を見つけながら

草地家

「 農業 」 一覧

田植えと鮒

田植えとフナ

淡路島の南。6月半ばの三原平野では、玉ねぎの収穫がひと段落して、玉ねぎ畑から水田に変わる1週間。農家さんは5月半ばから続いてきた農繁期もあと少しでひと段落。 ここ数日、私は地元の浦壁営農組合というとこ ...

玉ねぎ七宝

淡路島のたまねぎ②早生といえば

気が付けば、5月も終わり。 淡路島では、今がたまねぎシーズン真っただ中。 玉ねぎ畑では、たくさんの人や収穫する機械、車などなど、みんな総出で収穫作業です。 収穫されている玉ねぎも早生(わせ)玉ねぎや中 ...

新玉ねぎ

淡路島のたまねぎ① 3月の新玉と玉ねぎの種類

玉ねぎシーズン到来 少しずつ暖くになってきました。3月ももうすぐ終わり。 そして、いよいよ淡路島が本領発揮する玉ねぎシーズンの始まりです。 すでに、地元の道の駅では、たくさんの「新玉」が並んでいます。 ...

猫

「農かふぇ~自然農法の可能性を考える~」に参加

「農かふぇ~自然農法の可能性を考える」に参加してきた。 まず、京都大学の吉野先生が社会や時代の変化、自然農の考え、マーケティングなどお話を。 そして、淡路島で自然農に取り組んでいる花岡さんのお話。 そ ...

Copyright© 草地家 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.