かきものCOLUMN

「ねむる場所、ひとの夢 #09世界の肌理にふれてみる」が開催されました

  • 2019.07.10
  • by Yoko

先週土曜日、「ねむる場所、ひとの夢 #09世界の肌理にふれてみる」が開催されました。
眠りや夢をテーマに、みんなでおしゃべり。
眠りにつくとき、夢の中でたどる物語、向かう場所。
どんな景色が見えてるの?
どんな風に感じている?
互いの話から話したり、想像する世界。


食後のお昼寝からはじまって、みんなの見る夢の話をしました。
夢って物語をはらんでいる。
夢で会う人は、知らない人でも知ってる人という設定が多い。
夢の中で知らない人として出てくる登場人物は、「怖い人」という感覚で捉えられている。
いろんな話が出ました


「しろくまの身体感覚」と
いう幸福感とか、見た夢を覚えていて30分でも語れるとか、自分がものや第三者になっているという話とか。

最後に、眠りにまつわる言葉とイメージから、それぞれに物語を作って遊んだのも面白かったー。
夢はおもしろいなぁ。
今回は、みなさん神戸や大阪、東京、岡山、淡路島などから来てくれました。
はじめましての人たち、私が岡山にいた頃からのお付き合いの久しぶりの人たち、淡路島の友人など。
あぁ、たのしかった。


イベント後にはちょっと詩の
話も出たりして。
詩もおもしろいね。
何編か詩を置いていってくれたので、うちにお越しの際は興味があればどうぞ。
詩も話題提供してくれる人がいるといくらでも楽しんでいられる分野だな。

主催してくれたのは、ことばや表現にまつわるあそびの会をしている「よるのふね」。
今度は8月31日に「ロマンチック」をテーマにおしゃべりするみたい。
岡山での開催だけど、遊びに行きたいな。ゲストハウスがあるから夏は難しいかな。

またこんなイベントができたらと思っております。
その時はお知らせするので、ぜひふらりとお立ち寄りください。

photo by 洲上理恵(1枚目)