淡路島で日本みつばちから広がる可能性を見つけながら

草地家

「 月別アーカイブ:2017年09月 」 一覧

みつばち社会〜働き蜂⑥次の仕事は授乳・給餌〜

先週のコラムから、日本みつばちのお仕事を 孵化してから順を追って見ていっております。 前回のコラムで見たように、 生まれて最初に取り掛かる仕事は、巣の掃除と赤子の保温作業。 保温方法にびっくりでした。 ...

みつばち社会〜働き蜂⑤最初の仕事は掃除と温め〜

先週のコラムで書いたように、働き蜂は生まれてからの日数(日齢)に応じて、仕事(役割)が変わっていきます。 それは、働き蜂の体が、日が経つにつれて発達(変化?)していき、体の変化に応じて「できること」と ...

みつばち社会〜働き蜂④キャリアパス(日齢分業)〜

2017/09/06   -Column -コラム-

さーて、今回は「働き蜂のお仕事」がテーマです。 みなさんご存知の通り、働き蜂はハードワーカー。 その名の通り、生まれてから死ぬまで働いている超・働き者です。 ここまで読んでいる方は承知の通りですが、も ...

ごうらの巣箱

みつばち視察〜東近江市編〜

8月1日の朝来市での視察を終えて、次に向かったのは滋賀県東近江市。 (みつばち視察~朝来市編~はこちら) ということで、視察から1ヵ月過ぎてしまましたが、みつばち視察2日目、東近江市編のレポートです。 ...

蜜蜂の体からできる蜜蝋

みつばち社会〜働き蜂③蜜蝋を生み出す体〜

みつばちは、巣箱のなかで(もしくは自然界では木の洞の中などで)、蜜蝋を作り、その蜜蝋を使って、ハニカム構造の集合体である巣を作ります。それは、見ての通り寸分の狂いもなく、とても美しいものです。   今 ...

Copyright© 草地家 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.